アメ車専門誌以外のアメ車評

書評というほどのもんじゃないですが…

欧州車&国産車メインの人達にとって
アメ車は未だに不良の乗り物らしい…
a0046234_4213130.jpg

最近はアメ車専門誌以外の普通のクルマ雑誌でも、
アメ車に関する記事を掲載するようになってきた。

ハマーH2&H3がアメ車ファン以外の日本人の注目を集めたこと。
アメ車とドイツ車のハイブリッド的なクライスラー300Cが登場したこと。
サリーンジャパンが、様々なクルマ雑誌に積極的に広告掲載をしたこと。
Z06やZR1、バイパーSRT10などがニュルで派手なタイムを叩き出したこと。
ビッグスリーがアメリカ国内以外に目を向けるようになったこと。
etc……
もしかしたら、たまたま偶然が上手く積み重なっただけかもしれない。
ただ、原因が何であれ、つい数年前までメジャーなクルマ雑誌には
滅多に登場することのなかったアメ車関連の記事が、
今やそれほど珍しくなくなったのは、実に喜ばしい変化と言える。
a0046234_421506.jpg

一アメ車ファンとして、新車情報誌やスーパーカー雑誌、中古車購入誌など、
様々な自動車雑誌でアメ車の記事が読めるようになったのは嬉しいのだが、
正直言って、中には「?」と疑問を抱かざるを得ない記述も少なくない。
もちろん私のように長年に渡りアメ車専門誌を制作してきた人間と、
日本車や欧州車を専門に取り扱ってきた人間とでは、
知識も違えば経験も違うし、何よりも「立ち位置」が違うわけだから、
アメ車に対する認識や見解が違うのは仕方がない。
私自身、かつて自分のアメ車専門誌の企画で、アメ車をライバルの
日本車や欧州車と比較検討する記事を書いた際には、
一見客観的に分析&評価している風を装いつつも、
最終的にはアメ車の方に好意的な結論でまとめることが多かった。
そういう意味で言えば、欧州車や日本車の専門誌が、
アメ車に対して好意的であるわけがないし、
また、実際に悪い部分を悪いと書いても何も問題はないのだが、
良いとか悪いとかいったクルマとしての性能的な評価ではない部分で
どこか釈然としない違和感を感じることがなぜか多い。
a0046234_422569.jpg

例えば、最近は現行カマロに関する記事を様々な雑誌でよく見かける。
そして、それらの記事は概ねカマロに対して好意的な評価をしている。
しかし、その内容に関しては、まるで判で押したように、
マッスルカーがどうとか、アメリカンV8のフィーリングがどうとか、
非日常性がどうとか、そんな内容に終止している。
あげくの果てには「マッスルカー=不良」といった記述さえあった。
どうしてそんなことになってしまうのだろう?
もしかしたら、大昔のアメ車を引き合いに出さなければ褒めようがないほど、
現行カマロにはクルマとしての魅力がないのだろうか?
また、彼らは実際に往年のマッスルカーを運転したことがあるのだろうか?
不良がアメ車に乗る?それは何時何処で見かけた話なんだろう?
VIPカーや族車やバニングとアメ車の区別がつかないのだろうか?

自分の好きなものを他人から貶されると、人は誰でも腹が立つ。
しかし、悪いものを悪いと言われた場合、瞬間的に腹は立っても
心のどこかで「仕方ない」と納得することはできる。
ところが、心にもない世辞や、小馬鹿にした本心を垣間見せるような
薄っぺらい褒め言葉には、腹が立つというよりも傷つくものである。
仕事だから仕方ないと言われればそれまでなのだが、正直言って
本気で褒める気がないのであれば、心の底から否定するか、
あるいはいっそ無視してくれた方が、アメ車業界のためになるのだが……


↓ランキングに参加しています。
ワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2010-01-30 04:34 | 色々と
<< 2010年の新車カタログ アメ車ショップ巡り >>