人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第59回安田記念_回顧

ウオッカちょっと強すぎでしょう−!(笑)

終わってみれば、ウオッカの強さばかりが目立った一戦だった。
しかも、今回ウオッカが見せた強さはヴィクトリアマイルとは違う強さ。
不利やアクシデントをものともしない芯の強さと、圧倒的な瞬発力。
いやはや恐れ入った。性別を超越した凄い競走馬だと思う。

今日のウオッカは、4コーナーを回るまではいい感じで走っていた。
3番枠だし、外の馬が速かったので、内々の追走は仕方ないだろう。
気になったのは4コーナーから直線にかけてと、直線に入ってからの進路。
「もうちょっと違う乗り方はなかったのかな?」という感じ。
オークスのブエナビスタの安藤騎手にも感じた疑問を、
今日の武豊騎手の乗り方にも感じた。
圧倒的な1番人気に乗る現代の中央競馬を代表する名手二人。
安全策なのか?、それとも馬に対する絶大な自信からくる余裕なのか?
いずれにしても、ハラハラさせる騎乗ではある。

4コーナーを回って直線に入ったところで、
ウオッカの後ろにいたディープスカイがウオッカの内に並びかけた。
その後、ディープスカイ四位騎手は、一瞬前が開いた際に抜け出すも、
ウオッカの前はなかなか開かず。しかも、内にスマイルジャック、
外にマルカフェニックスが居て進路変更もできない。
「さあ追い出しだ」という所で身動きが取れないんだからたまらない。
ウオッカがもたついている間にディープスカイはやや早めのタイミングで
先頭に躍り出ている。残り2ハロン地点でもウオッカはまだ包まれたまま。
しかも、内のスマイルジャックが躓いたことに驚いて一瞬怯んでいたし。
この時私の頭に過ったのは、オグリキャップがスーパークリークに負けた
1989年秋の天皇賞。悪夢の再現。「うわ!ダメだこりゃ…」という感じ。
でも、そこからのウオッカが凄かった。そして武豊騎手も上手かった。
右斜め前、スーパーホーネットとサイトウィナーの間に出来た一頭分の
隙間に突っ込んだウオッカは、内のサイトウィナーをはじき飛ばすように
しながら抜け出すと、前にいたファリダットを瞬時に抜き去り、さらには
ほぼ安全圏だと思われたディープスカイをも抜きさってしまったのだ。
なんちゅー瞬発力!そしてとんでもない根性だ。
先に「今日の乗り方は疑問」とは書いたが、ああゆう絶体絶命的な状況で、
変に慌てずジッと待つことが出来る。そして一瞬の判断で馬を誘導できる
武豊騎手はやっぱり超一流騎手なのだろう。
とはいえ、今日のウオッカなら、武豊騎手の乗り方しだいでは、
5〜6馬身は楽に突き抜けていたんじゃないか? なんて思ってしまう。

またまた馬券は惨敗してしまったけど、
ウオッカの強いレースが見れたし、ま、いいか(笑)
しかし、こうなってくると、通算G1勝利単独1位も十分あり得るな〜


↓クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
by A-power | 2009-06-07 17:42 | 競馬
<< NEWカマロに乗ってきました! 第59回安田記念_予想 >>