1981年型 シボレー・コルベット_その2

コルベットの納車整備について
a0046234_19513662.jpg

このC3は個人売買で購入したのだが、諸事情があって
納車整備は名古屋のウイングオートでやってもらった。
その際にやってもらった整備内容は下記の通り。

・エンジンオイル&エレメントの交換
・ミッションオイルの交換
・デフオイルの交換
・冷却水(ロングライフクーラント)の交換
・グリスアップ
・ベルトの交換(3本)
・ラジエターのアッパーホースの交換

いずれの作業も納車整備メニューとしては基本的なもので、
中古車購入時には最低限このくらいは必要だと思う。

中古車の購入時に、少しでも安く買う事を優先して、
『現状販売』を希望するユーザーも少なくないようだが、
個人的には納車整備なしの現状渡しはオススメしない。
クルマというのは、展示場に置いてるだけでも劣化する。
一見問題なく思える極上車であろうとも、納車前には
プロの手で再度各部を点検&整備してもらった方が、
結果的に安くつくことが多い。

さらに言えば、中古車というのは納車時に何ら問題がなくても、
ユーザーが乗りはじめた途端に不具合が出ることもある。
フューエルポンプやオルタネーター、スターターモーター、
各種ヒューズ、ヘッドライトやストップランプのバルブなど、
納車後すぐに寿命を迎えることだってある。
が、パーツの寿命を予測するのはプロでも不可能。
これはもうどうしようもないと諦めるほかない。
a0046234_19524357.jpg

と、まあ何が言いたかったかというと、
納車後すぐにエンジンブローをやらかしたC3であるが、
「基本的な納車整備はきちんとやってもらっていた」
ということが言いたかっただけです(笑)

■問い合わせ:ウイングオート
http://www.wingauto.co.jp


↓クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-07 20:01 | シボレー・コルベット
<< アルファロメオ 145_その1 第14回NHKマイルC_プレ予想 >>