アメ車はとっても速いんです!

ニュルブルクリンクでもメチャメチャ速いし
現代のアメ車は直線番長じゃないですよ!?

「現代のアメリカンスポーツカーって実は凄く速いんですよ」
って言ってもピンとこない日本人は多いみたいなんですが、
コルベットやバイパーなどはマジで世界でもトップクラス。
もっと人気が出てもいいと思うんですけどねぇ…
イメージって怖いですね。( ̄_ ̄;)

a0046234_2323315.jpg


バイパーACR-Xのタイムアタックの動画が限定公開されたので、
アメ車ワールドの方で紹介しています。↓
 >>バイパー ACR-X ニュルブルクリンク最新動画公開!
なんとニュルブルクリンク北コース(1周20.8km)を7分3秒台!
ま、ACR-Xはバイパーのワンメイクレース用に市販されている
レース用車両なので、普通の市販車とは少し違いますが、
ベースはあくまでダッジ・バイパーSRT10 ACRですからね。
ちなみに市販車最速と言われるレクサスLFAのタイムは
7分14秒64です。対してACR-Xは7分3秒058。
車両価格はLFAが約44万5000ドル。ACR-Xは約11万ドルです。
┐('~`;)┌

a0046234_23405115.jpg


シボレー・カマロZL1の最新動画もアップしました。↓
>>シボレー・カマロ ZL1 ニュルブルクリンク 全開走行!
こっちは同じニュルブルクリンク北コースを7分41秒27。
バイパーに比べると随分遅く感じるかもしれませんが、
カマロは4シーターのGTで、価格も約5万5000ドルですから。
このZL1と同じようなラップタイムをネットで調べてみると、
メルセデスベンツ SLRマクラーレンが7分40秒。
ブガッティ・ヴェイロン 16.4も7分40秒。
SLRマクラーレンの価格は日本円で約6000万円。
ヴェイロンの方は同じく日本円で1億6300万円。
ZL1が日本で発売される時は600〜700万円かな?
ま、本来なら比べるようなクルマじゃないんですけどね。
ニュルブルクリンクのタイムだけ見ればいい勝負という(笑)。
┐(´(エ)`)┌


最近はよく「CP=コストパフォーマンス」という言葉を使いますが、
アメ車ってほんとにコストパフォーマンスが高いんですよね。
安価に速く走りたいという人は間違いなくアメ車がお得です。
ま、そんなわけで、リンク先のアメ車ワールドの方に行って
ぜひとも動画を見てみてください。マジで面白いですから。

ps
蛇足ながら「安くて速いならニッサンGT-Rだってあるだろ?」
と思われる方もいるかもしれませんが、ニッサンGT-Rは
車両本体価格こそ安いけど、維持費がメッチャ高いので、
実はCPは決して良くないんですよねぇ…( -"-)


↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
↑アメ車ブログランキング ワンクリックにご協力ください。m(_ _)m


このページを見た人はぜひともアメ車ワールドも見てくださいね。↓
アメ車ワールドへ
リンク→アメ車ワールド|www.amesha-world.com
[PR]
by a-power | 2012-02-23 00:10 | アメ車全般
<< 勉強して知識を身につけて自衛する マスタングの2013年モデルについて >>