久しぶりに試乗した現行マスタングは…

2010 Ford Mustang V8 GT Convertible Premium
2010年型 フォード・マスタング GT コンバーチブル・プレミアム

世代が変わっても、
マスタングはマスタング
a0046234_15504438.jpg

↑山本先生とマスタング

『アメ車ワールド』の方の企画で漫画家の山本マサユキ先生に
試乗してもらうために、現行マスタングの広報車を借りました。
今回借りたのは、一番値段が高いV8のコンバーチブルで、
ボディカラーはブラック、内装は本革のザルトという仕様。
スペックは下記の通りです。

 |全長/全幅/全高:4,785/1,880/1,415mm
 |車両重量:1,670kg
 |エンジン形式:水冷V型8気筒SOHC
 |排気量:4,600cc
 |最高出力:319ps/6,000rpm
 |最大トルク:44.9kg−m/4,250rpm
 |トランスミッション:電子制御5速オートマチック
 |燃料:無鉛レギュラーガソリン
 |燃料タンク容量:60L

山本先生のイラスト&インプレッションに関しては、
今月中にはアメ車ワールドの方にアップするとして、
私の個人的な感想としては「こんなに良かったっけ?」と、
あとは「マスタングだよなぁー」というものでした。(*⌒▽⌒*)

現行モデルが出たばっかりの頃に何度か乗った時には、
「先代に比べて随分パワーアップしたなぁ」とか
「ボディが凄くしっかりしたけど、ちょっと重いかな?」とか、
確かそんなことを思った記憶があるんですけどねー。
正直今回は、パワーがあるとも重いとも思わなかったなー。
時間が経ったのと、それから色んなアメ車に乗ったからだと思うんですが、
すごく普通なんだけど、その普通のとこがいいと言うのかな?
特別パワーがあるわけじゃないけど、もちろんパワー不足は感じないし、
ハンドリングとかブレーキのフィーリングとかも、いかにもGTって感じ。
リアルなスポーツカーみたいな神経質なとこが全くない。
ドライバーに神経を使わせないと言うか、いい意味で緩いとことがあって、
まさしくマスタングというクルマのイメージ通りなんですよね。
ま、俺がよく知ってるマスタングは先代の5代目からなんですが(笑)

マスタングに関しては、2011年モデルで大掛かりなマイチェン…、
あれ?フルモデルチェンジだっけ?をすることが決まってるんで、
その前にもう一度きちんと全モデルに乗っておきたいですね。
んで、その時にはアメ車ワールドの方で詳しく紹介しますね。

↓アメ車の情報は『アメ車ワールド』で!
アメ車&アメリカンカスタム
www.amesha-world.com

ついでにもひとつ。
a0046234_16415341.jpg

さっきブログの記事を途中で放棄して昼飯を食べてる時に、
たまたま目についた『特選外車情報 F-ROAD』って
スーパーカー雑誌をパラパラとしてたら、面白い記事を発見しました。
この本、私がチョコチョコお世話になっている『A-cars』の姉妹紙で、
よく知ってる人が編集しているのでたまに目を通すんですが、
現在発売中の4月号の中特集で、評論家の福野礼一郎氏が、
東京〜広島往復1600kmのロングランの記事を書いてるんですよ、
現行マスタングのV6クーペで。
企画のタイトルが「TOKYO スーパーカー研究所」なんで、
タイトルを診た瞬間「マスタングのV6ってスーパーカーか?」と、
思わず独り言でツッコミを入れてしまいましたが(笑)、
ま、それはともかく、その記事が凄く面白いんですよね。
まだ売ってると思うので、興味のある人はぜひ一読してみてください。
巻末付近にある森慶太氏と島下泰久氏の対談企画にも
マスタングのことがチョロっと出てくるんで、立ち読みじゃなく
きちんと買ってから家で読むことをオススメします。(^_^;)

↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。(≧ω≦)b
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2010-03-12 17:02 | アメ車全般
<< 北海道のクルマ事情 憧れの名車コレクション >>