<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビッグスリーの動画は面白いね!

シボレー100周年記念の動画と
自動車の進化について考えた事

ちょっと前に何処かの原稿に「現代のアメリカにおいて、
YouTube、Facebook、twitter のSNS御三家は、
CMやマーケティングに書かせない最重要ツールである」
みたいな話を書いた。書くに到った経緯は忘れたけど(笑)。

当然ながらGM、フォード、クライスラーの米ビッグスリーも
企業戦略の一環として積極的にSNSを取り入れており、
とくにYouTubeにはかなり力を注いでいる(様に見える)。
ま、動画ってのは文章よりも人目を引くから当然だろう。

ビッグスリーがYouTubeに投稿する動画は様々だが、
最も多いのはテレビCMの流用みたいなショートフィルム。
アメリカのテレビCMというのは、当たり障りのない内容に
終止する日本のテレビCMとは違い、結構強烈なのも多いので、
それはそれで面白いのだが、本当に楽しめるのは、やっぱり
最初からYouTubeを念頭に置いて制作したと思われる動画。
例えばこんなヤツ↓



草創期の自動車というのは見るからに馬車っぽい。
乗った事はないが、たぶん性能的にも馬車とそう大差ないだろう。
この100年で自動車は大きく進化した(と思われている)。
速度、積載量、移動距離、乗り心地、信頼性、etc。
性能的には100年前の自動車と現代の自動車では大きく違う。
けど、この進化というか変化って実際どうよ?とも思う。

自動車の性能が上がったのは間違いない。それは確か。
でも、自動車という物体の全体的な構造が全く違うわけでもない。
大人であれば100年前の自動車だって見れば自動車と分かるし、
化石燃料で内燃機関を動かしてタイヤを回して動くという、
そういった大元というか、基本部分については変わってない。
ま、最近は燃料に電気やアルコールを使う自動車も存在するけど。

「100年でこんなにも進化した!」という意見もあると思うし、
別にそれが間違った認識だとは思わない。しかし、誰かが
「100年経っても大して変わってないじゃん!」といっても、
ま、確かに大筋は変わってないよな、とも思う。

昔の漫画やSFにはタイヤのない自動車が出てきた気がするし、
『未来の移動手段』みたいな描写も色々とあった気がする。
今回、先のシボレーの動画をボーっと見てる時に、
「今のカタチの自動車って何時まで走ってるんかな?」
また、「100年後の自動車ってどうなってんだろ?」
みたいな事をちょっと考えた。
もっとも、100年先はもう俺は生きてはいないと思うから、
どうでもいいっちゃどうでもいい話なんだけど(笑)

↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村


アメ車ワールドへ
リンク→アメ車ワールド|www.amesha-world.com
[PR]
by a-power | 2011-11-24 03:38 | アメ車全般

人間は顔だと思うんですが?


今の首相も前の首相も木霊の枝野も
顔がダメ!見るだけで気持ち悪くなる!

人間、とくに大人の男は顔が大事だと思うわけです。
もちろんこれは造作の話じゃないですよ。
二枚目とか三枚目とか醜男とか、そんなのは関係ない。
要は顔つきです。表情とか眼力とか総合的な。
男の顔は履歴書なんて言われますが、アレは本当ですね。

そういう意味で、今の首相の顔は最悪!
緊張感の欠片もない。緩過ぎる。
あんな顔した男に良い仕事はできません。
ちょっと前に下記のニュースが報じられましたが、

TPP、首相さっそく厳しい洗礼

この時の彼の顔は、なんというか…
出荷前の養豚場のブタみたいです。
あれ?
「狼は生きろ。豚は死ね」
って台詞は誰でしたっけ?
松田優作のイメージあるけど、確か違いますよね。
ちょと調べてみると…『白昼の死角』?
佐藤浩市の台詞ですか。覚えがないなぁ…
なんか石原慎太郎の戯曲のタイトルでもあるとか?
確かに東京都知事の顔には緊張感がある。
人格はともかく、あの方には本気で生きてる感はあるよな…

それはともかく、顔が悪いという意味では前首相も同じ。
ま、前首相の方は最初はまだ許せる顔をしてましたが、
最後の頃の顔はもう最悪!
あれぞまさしく幽鬼です。
全く生気の感じられない作り物のような表情は、
見てるだけで気分が悪くなりましたからね。
前の内閣官房長官なんかも同じ。
ま、彼の場合は表情見てるだけで状況が丸分かりだったし、
根は正直者なのかもしれないですね(笑)


しっかし、笑らかしてくれるよなぁ…
わざわざ公費を使ってハワイまで行ったのに
TPPの首脳会合に参加できないとは!
いや、そもそもTPP参加なんてのは論外なんですけどね。
日本の将来を考えるならTPP参加なんてあり得ない。
しかし、反対派(=真っ当な日本人)の意見を無視してまで
強引に交渉に参加する意思を示しながら、
交渉のテーブルにさえ着けないとは!
で、あの顔ですからね。
無能にも程があるでしょ?
ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

せめてこれで諦めるくらいの知能があればまだマシだけど。
どうせ推進派は「意思表明が遅れたからこうなるんだ!」
&「これはお前ら反対派のせいだ!」とか言っちゃって、
必死こいて交渉のテーブルに着こうとすると…
ヽ(´o`; オイオイ
アメリカさんの思うつぼじゃん!
ってか、日本のバカ政治家に比べて、
オバマさんの側近の賢いこと!
羨ましいねぇ…

ところで、これは知らなかったんだけど、
ビッグスリーは日本のTPP参加に反対表明してるとか?

日本のTPP参加に反対=米自動車業界

テレビとか新聞とか、大手マスコミは完全に政府寄り。
TPP反対関連の情報はほとんど流さないからなぁ…
というか、下手な情報操作までしちゃってるし。
マジで権力という飼い主に尻尾振るだけの飼い犬。

ま、それはともかく、ビッグスリーの対応は面白いね。
単純に今の日本を重要なマーケットとして見てないのかな?
もし日米間でTPPが締結されれば大型車の販売は楽になると思うけど。
エコカー(小型車)優遇の税制は変更することになるだろうし。
でも、今はビッグスリーも小型車の方に力入れてますからね。
でも日本じゃアメリカの小型車は売れないと思うし。
今の日本で大排気量のアメ車を新車で買う日本人はお金持ち。
お金持ちには税金は大した問題じゃないし。
つまり、TPPが締結されてもされなくても販売状況に変化はなし。
んじゃ引っ掻き回されるよりは無視した方が得。な感じ?
いずれにしても冷静だよな。日本の経済界とは大違い。

さて、とりあえずTPPとか原発問題は一時棚上げします。
考えても仕方ないこと考えてると仕事に支障が出るから。
政治がどうだろうと経済がどうだろうと、まずは自分の生活が大事。
目の前の仕事を片付けていかないとご飯が食べられないもんね。
でも、あんまり無関心になっちゃうと、仕事自体がやりにくくなるし。
世情もそれなりにチェックして、最低限必要な行動はとらないと。
でも、大手マスコミが本当に必要な情報は流さないから、
今や有益な情報は能動的に取得するしかないし。
それは時間取られるし。マジ、普通に生きるのも大変だわ…
ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。

次は何かクルマ関連の記事をアップしますね。
ちなみにFacebookの方では毎日のように記事をアップしてます。

アメ車ワールド Facebookページ へ

フェイスブック|アメ車ワールド


↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by a-power | 2011-11-13 21:06 | 政治経済・環境問題

現在の日本の状況が幕末と被る…

今の日本に維新三傑はいない
武力を持つ藩に相当する存在もない
んじゃどうする?どうなる?


つれづれなるままに…ちょっと駄文、長文を…

今の日本、すごく住み難い気がします。
ま、俺自身の生活状況がイマイチというのもありますが、
個人的な問題だけじゃなくて、国の抱える問題は確かにある。
自分の国の国政がメチャメチャだと、落ち着いて仕事できないし、
落ち着いて仕事できなければ業績も上がらないし、
ま、何でもかんでも人のせいにするつもりもないんですけどね。
(;-_-)=3

例えば先の東日本大震災。
これはまぁ大元の地震と津波は天災です。仕方ない。けど、
その後の一連の原発関連の問題は完全に人災ですよね。
一番の問題は電力利権に群がる政治家と経団連かな。
「想定外の天災」が原因で原発が破壊されたわけですよね。
にも関らず、政府は未だに脱原発の方向には動いてない。
原発の設計者や運営会社が今まで以上に気をつけても、
想定外の自体が起こる可能性はある。だって現に起こったし。
しかも福島の原発問題は震災から8ヶ月経った今も現在進行形です。
この状況でまだ原発に執着する連中って完全な病気というかお化け?
金の亡者とか。亡者ってお化けの一種だよね?

ま、原発や放射能関連のことを書くと長くなるので、
興味のある方は下記リンク先の文を読んでください。
良心的な学者さんが分かり易く解説してくれてますから↓

武田邦彦(中部大学)

震災の影響で風化しちゃいましたが、竹島とか尖閣諸島とか
韓国や中国との問題もありましたよね。北方領土もあったし。
てか、これらはひとつも解決してないし。
これはもう議論の余地無く、一番の問題は日本政府だと思う。
弱腰外交云々というより、一部の政治家は完全に非国民ですよね。
お前ら中国や韓国から金貰ってるの?
or 何か弱み握られてる?
って感じです。
この辺は元自衛官の人が詳しく解説してますね。
少し過激ですが(笑)↓

中国漁船の体当たり/田母神俊雄

注!
別に私は田母神俊雄氏や石原慎太郎氏のシンパじゃないですよ。
彼らの主義主張の中には「それ変だろ?」と思うことも多いし。
一部の『国益』を守ろうとする彼らの主張に共感できるってだけです。

で、ここにきて(というか、以前からあったけど)話題になってる
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
参加問題です。 まさに真打ち登場といった感じ?
先の領土問題なんか比較にならないくらいメッチャ危ない
一種の不平等条約みたいなもんですよね。
ま、これについても詳しくは下記を見てください。
政府の無能振りやテレビ&新聞などのマスメディアの嘘を
実に分かり易く説明してくれてるんで。↓

『TPPに反対する理由』三橋貴明


中野剛志先生がTPP賛成論者の詭弁を全滅


TPPのについて知りたい方は、上記のお二人の名前で検索すればOK。
色んな動画やニュースが出てきます。
お二人とも私と同世代の方ですが、非常に頭が良いしよく考えてる。
賛成反対は別にして、彼らの話を聞くだけでも凄く勉強になりますね。

でまぁ、ここまでは前置き。
ここからようやく表題に関連する話となるわけですが、
フッと考えたわけです。
「今の日本の状況って、幕末の状況に似てない?」
Σ( ̄Д ̄;)
っとね。

ま、私は幕末については教科書や本でしか知らないです。
要するに文字で得た知識のみ。ま、今は亡き祖父母が、
「子供の頃に祖父や祖母から聞いた話」を聞いたことはありますが。
(こういう言い回しってヤヤコシイですよねw)
あと同郷の文豪・森鴎外の幼少期の話とか。
ま、そんなことはいいとして、幕末や維新です。

1600年の関ヶ原の合戦から1867年の大政奉還まで、
267年の長きに渡って続いた徳川幕府がなぜ崩壊したか?
その原因はなんだったのか?
なんて考えたんですよね。何かの拍子にフッと。

倒幕戦争自体は簡単に言えば権力闘争ですよね。
長州、薩摩など力をつけた「雄藩」と呼ばれる有力藩が、
「弱体化した徳川から政権を奪ってやろう!」
と考えて、それを実行に移したと。
『尊王攘夷』なんてのは神輿。大義名分ですよね。
倒幕後の明治新政府は『攘夷』なんてしなかったし。
当たり前のように新政府で熾烈な権力闘争があったみたいだし。
(んだから「藩の枠を超えて人材登用しよう」なんて考えた
坂本龍馬氏は暗殺されたとか? ま、これは真相不明ですが)
ま、長州は確かに関門海峡を通過する外国商船に砲撃を加えたし、
薩摩も薩英戦争を起こしたけど、それは倒幕の前だし。
尊王はともかく、攘夷は明らかに建前ですよね。

じゃ、なんで倒幕運動なんてのが始まったのか?
200年以上も太平の世が続いてた幕府ですよ?
(ま、天保の大飢饉から連なる武装蜂起なんかもあったけど)
それがなんでその時期になっていきなり?
また、江戸末期の庶民は徳川幕府にそんな不満を持ってたの?
倒幕とか維新とか攘夷とか、そもそもの『元』って何よ?
とかつらつらと考えてみたんですよね。
物事には必ずきっかけ、原因があるけど、それって何だ?
で、私が行き着いた答えが
『外圧』じゃないのかな?と。

いわゆる黒船ですよね。
1853年にマシュー・ペリー率いるアメリカ海軍艦隊が浦賀沖に来航。
江戸幕府に開国を迫る大統領国書をもたらしたんですよね?確か。
んで翌1854年には早くも日米和親条約が締結され、
いわゆる「鎖国」体制は終焉したわけです。
で、これを皮切りに日露和親条約や日英和親条約が次々に締結された。
たぶん、一番のきっかけ、原因はコレじゃないかと思うんですよね。

ペリーの黒船来航以降、将軍家の世嗣問題があったり、
孝明天皇の勅許問題があったりと、すったもんだしたあげく、
結局は1858年に悪名高い日米修好通商条約を締結することになる。
で、『安政の大獄』から『桜田門外の変』を経て、
徳川幕府の権威は大きく失墜してしまうと。

で、ここでちょっと外(国外)に目を向けると、
1839年に『アヘン戦争』が勃発し、イギリスに負けた中国は
1842年に江寧(南京)条約に調印。
その流れで『虎門寨追加条約』という不平等条約を結んでます。
で、これをきっかけに中国は欧米列強の食い物にされる。
中国は1857年に起きたアロー戦争(第二次アヘン戦争)で、
イギリス&フランス連合軍にボコボコにされたあげく、
欧米列強の半植民地になっちゃいました。

当時の江戸幕府や日本の知識人はこれを横目で見てたんですよね。
で、江戸幕府はどうしたか?
「こりゃいかん!」ということで、欧米列強に対する態度を軟化させた。
それまで『異国船打払令』とか強気な態度をとってたくせに、
いきなり『薪水給与令』とか出したりしちゃって(笑)
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
この徳川幕府の対外軟化が開国の布石になったという人は多いし、
俺も影響大だと思います。

ここで一度江戸末期の状況を整理してみると、
天保の大飢饉後の『天保の改革』が失敗して不況が蔓延。
要するに江戸幕府の体力や求心力は既にかなり落ちちゃってたわけです。
逆に薩摩藩や長州藩などの西国雄藩や水戸藩なんかは藩財政改革に成功。
体力付けたし、幕府に対して「無能なヤツらめ」とか思ったかも(笑)

ま、それはともかく、ただでさえ体力無くなってた時に、
欧米列強の軍事力にシッポを巻いた幕府が「不戦敗でOKです!」
みたいな感じで不平等条約を結んじゃったもんだから、さー大変!
ただでさえ不景気だった日本はさらに不景気になってしまった。
で、開国策への批判→外国人排斥の攘夷思想が隆盛(→各地で異人切り)し、
『尊王攘夷』運動から『倒幕運動』へという流れが完成、と……
(*゚ロ゚)ハッ!!
ここで「あれ?」と思うわけです。
もしかこの状況って、今の日本に似てない?と。

天保の大飢饉=東日本大震災
とは考えられませんかね?
大飢饉の原因も先の震災も原因は自然災害ですが、
天災後の処理がお粗末で被害を拡大させてるのはどちらも同じ。
幕府が求心力を落としたと同じように現政府の求心力は低下してます。

欧米列強への恐れ=米中への恐怖
でいいですよね、たぶん。
急激に影響力を増してる中国という巨大共産国家に対する不安と恐れ。
尖閣諸島問題に限らず、今の中国が周辺諸国にとって脅威なのは確か。
それこそ19世紀の欧米列強のように好き放題やってますからね。
=アメリカと密接になっておかないと、みたいな強迫観念?
アメリカの顔色を伺うだけの政治家は実際に多いですよね?
中国やアメリカほどじゃないけど、北朝鮮とか韓国も気になるのかな?

日米修好通商条約=TPP
これもまぁ間違いないでしょう。
先だってお隣の韓国が締結したFTAはさしずめ天津条約かな?
北京条約でもいいけど。
両方とも明らかな不平等条約だけど、TPPは考えようによっては
日米修好通商条約よりももっと質悪いですけどね。

井伊直弼=野田佳彦
ま、野田総理の方が大分小物って気はしますけどね。
野田佳彦+菅直人でもいいし、菅直人=阿部正弘でもいいけど。
いずれにしろ現在の政治家や官僚と幕末の徳川の幕臣は被りますよね。

ん、やっぱ似てると思う。
( ̄△ ̄;)
けど、違うとこもある。最大の相違点は、
現代には幕末の長州とか薩摩に該当するものがないこと。
もちろん震災復興に尽力してるまともな政治家はいるし、
TPPに反対してる知識人だっていますけどね。
残念ながら?彼らには武力=軍事力がない。
倒幕は武力によって為されましたが、
今の日本にはダメな日本政府を打倒する強硬手段がない。
問題はコレ。たぶんね。


革命は強大な軍事力がなければ出来ないわけじゃありません。
実際、つい最近もチュニジア、リビア、エジプトなんかでは
『アラブ革命』とか起きてますからね。
現代の革命にゲバラとかカストロみたいな英雄は必要ない。
twitterとかFacebookみたいなSNSが主役?
でも、あの辺の革命も最終的には軍が協力してます。

日本の自衛隊、俺は個人的に素晴らしいと思います。
震災時の彼らの献身的な活躍には本当に頭が下がります。
でも、彼らはもし革命みたいなことが起こったらどうするだろ?
もしかしたら元航空幕僚長の田母神俊雄氏なんかに呼応して
革命に賛同するかもしれない。けど、なんせ秩序のある組織だし。
ってか、そもそも今の日本人に革命を起こしてまで世直ししたいとか、
そんな奇特な人が何人いるだろ?って話だし。ねぇ…

とまぁ、そんなアレコレを考えてたら丸一日潰れてしまったと…
(TmT)ウゥゥ・・・
そろそろ仕事しないと…



↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
↑アメ車ブログランキング ワンクリックにご協力ください。m(_ _)m
[PR]
by a-power | 2011-11-12 05:55 | 政治経済・環境問題

TPPはマジでヤバいですよ!

今そこにある危機!
俺たちも何か行動しないと
日本はマジでヤバいよ!


久しぶりの更新だけど、今回もクルマとは関係ない話です。
いや、ちょっとは関係あるかも。
最終的にTPPが実行されれば小型車減税は廃止されるから。
おっ!アメ車が売れるかも?悪くないやん!
なんてことはなくて、やっぱマズいです。

TPPについては、中野剛志京大助教が非常に分かり易く解説してます。
詳しくは下記の動画を見てください。↓

1/3【TPP】日本絶対不利のルールと法律政治力無く手玉に



2/3【TPP】日本絶対不利のルールと法律政治力無く手玉に



3/3【TPP】日本絶対不利のルールと法律政治力無く手玉に



TPPに賛成している人が全て非国民とは思いません。
賛成派には賛成するに至った理由があるんだろうし、
中野剛志氏の意見が100%正しいということもないと思います。
が、問題なのは『TPP』という日本の将来にとって非常に重要な問題を、
自分自身にも影響がある問題として認識していない日本人が多いということ。
これは原発や放射性物質による汚染に関する一連の問題にも通じますが、
日本人はもう少し日本の現状を認識して行動すべきだと思います。

じゃ、俺は何をしてるか、何をするか?
とりあえずメディア関連の仕事に従事してる者として情報を拡散するとともに、
出来る限りの各種署名運動やデモに参加していきたいと思います。
黙って何もしなかった人間が後で文句を言うのは反則ですからね。
ミサトさんじゃないけど「出来ることはやっとかないと後味悪いっしょ?」
って感じ?(笑)

小さいことから行動しましょう!↓
日本のTPP参加反対署名
↑オンライン署名サイトです。


TPPに反対してる小野田五典のtwitter↓
衆議院議員・小野田五典
この方は被災地復興にも尽力されてます。


↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
↑アメ車ブログランキング ワンクリックにご協力ください。m(_ _)m
アメ車はあんま関係ないけど、上位にくれば多くの人が見るんで。
[PR]
by a-power | 2011-11-11 16:15 | 政治経済・環境問題