<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トラックマスターズ

『'06 Truck Masters Japan Tour in KYUSYU』の取材に行ってきました。
a0046234_1546160.jpg

このイベントの模様は5月3日?発売の姉妹誌A-car'sと
5月16日発売のAmerican Powerにて紹介します。
が、まあせっかくだから予告編?をちょっとだけ。
今回のトラックマスターズでは本誌にしては珍しく30年代の
クラシックカーのオーナーさんに色々とインタビューしてます。
この辺の生きた化石みたいなアメ車は今までは避けてたんですけどね。
なぁーんか、難しそうというか、ちょいレア過ぎる感じがしてたんで。
でも、今回個人的には初めて色々とお話をお伺いしてみて、
少し認識を改めました。面白い話も聞けたし。
ま、その辺は本誌を見てのお楽しみってことで。
あっ、ちなみにA-car'sと本誌では内容を変えてますからね!
ぜひ両方とも買ってください!
a0046234_15531613.jpg

あと、こっちは本誌とは関係ない分野になっちゃうんですけどね。
九州っていわゆる『ミニトラ』が熱い地域なんですよね。
なかなかレベルの高いカスタムトラッキンが多いんです。
本誌はアメ車専門誌なんで国産のミニトラは扱わないんですが、
個人的には結構好きな分野なんで楽しめました。
もし機会があれば、アメリカとか日本とかに関係なく
トラックを掘り下げた本も作ってみたいですねー。
[PR]
by a-power | 2006-04-12 15:59 | アメ車全般

満開の桜

a0046234_14355896.jpg

去る4月9日(日)に九州の熊本で開催された
「トラックマスターズ」の取材のついでに
実家のある田舎に少しだけ寄ってきました。
ほとんどとんぼ返りみたいな強行軍でしたが、
久々に見た田舎の桜はキレイだったぁ…
a0046234_14362855.jpg

どうした拍子にかカメラの設定が妙な
「カスタム設定」になっていたみたいで、
写真の色味が少し変なのが気にくわないけど、
俺の田舎って町の至る所に桜があるんですよね。
ま、中国山地のド田舎だから木が多いのは当然か(笑)。
a0046234_1437959.jpg

今回はトラックマスターズと日程が重なったんで見れなかったけど、
鷲原八幡宮ってとこで行われる流鏑馬神事ってのはなかなかです。
(写真は開催前日の練習風景。のどかですなぁ…)
[PR]
by a-power | 2006-04-12 14:38 | 津和野

事故ったぁ…

今日、というか、もう昨日か。
久々に事故りました。
久々でもないか。
今年2回目だし。
珍しくカメラを持っていなかったので、
残念ながら写真はアップできません。
ま、でも今回は100対0で俺の勝ち。
後ろから突っ込まれただけですからね。
カマロ君のダメージも大したことないし。
バンパーが少し傷付いただけ。
それでもバンパー脱着&板金塗装&アライメント再調整で、
とりあえずカーボンフードが買えるくらいは稼げるかな(笑)。
どのみち「オールペンしようかなぁ…」と思ってたとこですし、
まあまあイイ感じですな。

さて、早朝からは九州に出張です。
日曜日は「2006yトラックマスターズin九州」
まあまあ楽しみですなー。
[PR]
by a-power | 2006-04-08 01:00 | シボレー・カマロ

LT1を搭載したZ28の問題点

コメントに対する解答

>>あと“LT1エンジンというのは、ちょっと問題もありますが”というのが
>>気になります。もしできればどういう問題があるのか教えてください。
(Commented by ゆう at 2006-03-31 04:09 x)
というご質問に関してですが……

まずその前に、
『93〜97年型のZ28に搭載されたLT1エンジンというのは、
ちょっと問題もありますが、』という私の記述が不適切でした。
というのも、LT1エンジン自体に問題があるというよりも、
『LT1を搭載したZ28の整備性の悪さに問題がある』
と書くべきでした。

つまり何が言いたかったかというと、
 「LT1を搭載したZ28は整備性が悪い」
=「きちんと整備されていない個体(中古車)が存在する」
=「粗悪な中古車を買うと後で苦労する可能性が高い」
といった三段論法を言外で展開していたのです。
やっぱりかなり説明不足でしたね。

さて、では「LT1を搭載したZ28の何が問題なのか?」
あるいは「どう整備性が悪いのか?」
ということについてですが、

まず第1に
「4thカマロはかなりフロントミッドシップなクルマである」
ということが大変重要なファクターになります。
4thカマロは相当ロングノーズのボディデザインですが、
エンジンはかなり奥まったところにマウントされています。
極端な言い方をすれば、エンジン本体の1/3くらいは
フロントウインドーの下辺りにあると言ってもいいでしょう。
ノーズ部分は言ってしまえばハリボテみたいなものです。

第2に
「4thカマロのエンジンルームはかなり狭い」
ということが問題となります。
V8エンジンを詰め込むと隙間(余裕)は全くありません。
エンジンルームの広さから言えば、3.8リッターV6がベストマッチです。

で、第1と第2の事実から導き出される答えは
「LT1ユニットを搭載した93〜97yのZ28はメッチャ整備し難い」
となるのです。
私は色々なショップで愛車のメンテナンスをしてもらってますが、
ほとんどのメカニックが「LT1のメンテナンスや修理は面倒臭いから嫌!」
と、口を揃えます。
a0046234_18285520.jpg

↑4thカマロの中でもLT1を搭載したZ28のエンジンルームはキツキツ!
a0046234_18303235.jpg

↑例えばプラグやプラグコード交換する場合、
ボディの下から手を入れてプラグを抜き差しするのだが、
ほとんど隙間がないもんだから…
a0046234_18315065.jpg

↑うっかりすると流血してしまう。
これだからメカニックに嫌がられるのである。


また、整備性の悪さ以外にも少し問題があります。
それはウォーターポンプ&デスビです。
何か特定の『弱点』を持ったアメ車は少なくありません。
アストロのワイパーモジュールやベルトテンショナーなどは有名だし、
4thカマロの3.8リッターV6のプラグコード、
リンカーンナビゲーターのエアサス、
最近ではクライスラー300Cのミッションとか、
まあどんなクルマにも1つ2つは弱点はあるものです。
が、前記したZ28のウォーターポンプ&デスビは、
パーツの価格が高いだけにかなり痛い。
対策方法が全くないわけでもないんですけどねぇ……
ま、長く4thのLT1を愛車にしていれば、誰でも1度や2度は
ウォーターポンプとデスビのトラブルには見舞われます。
で、普通はウォーターポンプだけで5〜6万円。
デスビも合わせれば15万円コースですかね。
早いクルマは5〜6万kmに1回くらいやっちゃう場合もありますからね。
ちなみに私の現在の愛車もウォーターポンプとデスビは換えてます。

ま、そんなわけで「初めてのアメ車」として買うのであれば、
LT1のZ28よりはV6の方がいいかな? と、思ったわけです。
カマロのエンジンについては近い内に1度まとめてみようと思います。
あんまり詳しくやっちゃうと雑誌が売れなくなるから、
触り程度になるとは思いますけどね(笑)
[PR]
by a-power | 2006-04-06 18:34 | シボレー・カマロ

走行距離に関する質問への解答

さて、ご質問の件ですが、
まずは走行距離の目安に関してですけど、そうですねぇ……
これはホントにモノ次第なんですよね。実際のところ。
例えば私の愛車の96年型Z28は現在11万4000km走ってますが、
絶好調、とまではいかないまでも調子は決して悪くありません。
このクルマを今すぐゆうさんにお譲りしたとします。と、多分
ゆうさんが普通に公道を走るだけなら、1年に2万kmのペースでも
後2〜3年は通常メンテだけでトラブルなく走れると思います。
もしかしたら15〜16万km付近で一度ウォーターポンプや
フューエルポンプなんかの交換が必要になるかもしれませんけどね。
何が言いたいのかと言うと、私のクルマは仕事の関係で
『メンテナンスをマメに行っているので、距離の割には調子が良い』
という事実を言いたかったわけです。
逆に走行距離が少なくても、調子が悪いクルマはいくらでも存在します。
理由は前オーナーがまともにメンテナンスしてなかったとかね。
中古車の場合、ホントに個体次第なんですよ。

走行距離が10万kmを超えていると一般的には敬遠されますよね。
あと、1年に1万kmのペースを超えるような走行距離のクルマも
過走行車とか言われて敬遠される傾向があります。
でも、そんなのホントは意味ないことなんですよ。
とまで書くと語弊があるかなぁ…
ま、とにかくしつこいようだけどモノ次第としか言えないんです。
それでもあえて、というのであればですねぇ…
「1年に5000〜6000kmくらいのペースで走ってたクルマ」&
「定期的にメンテナンスを行ってたクルマ」ってとこかなぁ…
ま、『ハズレ』を引く確率が多少下がるかな?
ってくらいの目安と考えてください。

で、ちょっとこれから会議なんで、
LT-1に関する話はまたあとで…
[PR]
by a-power | 2006-04-06 09:25 | シボレー・カマロ