カテゴリ:シボレー・カマロ( 44 )

カマロの原稿を書かないと…

いくらでも書く事あるはずなのに…
なんで書けないんだろ?(;-_-)=3

書かないといけない原稿が書けない。
いつの間にか溜まった原稿は7台分…
そのうちの2本は現行カマロ。
V6のコンバーチブルの正規輸入車と
L99を搭載したV8 SSの並行輸入車。
LS3を搭載した6MTとV6クーペのATの原稿は既に書いてるから、
今回の2台を書けば一通り書いたことになる。
乗ってないのはV6のMT車だけ。
もちろんカマロは好きだし、書く事はいっぱいあるはずなんだけど…
何故か書く気にならない。
クルマ自体は良かったはずなんだけど…、なんでだろ?
困ったねぇ…(;-_-)=3
a0046234_11232688.jpg

↑580馬力のカマロ至上最強モデルのZL1。
もちろんこれにはまだ乗ってない。
これに乗るまでには一通りのモデルの試乗記を書いて、
自分なりに現行カマロの総評をまとめておきたいとこだけど、ねぇ。

 >> アメ車ワールド/ニュースリリース
↑ZL1を紹介してます。

↓お手数をかけて申し訳ありませんが、
下記バナーのワンクリックにご協力ください。
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
↑アメ車ブログランキング ワンクリックにご協力ください。m(_ _)m
[PR]
by a-power | 2011-09-15 11:30 | シボレー・カマロ

カマロの本が出ますよ!

(株)マガジンボックスから待望のカマロ本が出ますよ!
2010年4月9日発売予定です。ぜひ買ってください。

LEGENDARY AMERICAN CARS
CAMARO 1967-2010
a0046234_13183858.jpg

↑クライアント向けの『媒体資料』ってやつです。
一般の方の目にとまる機会は滅多にないですよね(笑)

エーカーズでお馴染みのマガジンボックスから発売される
カマロのムック(単発の豪華本)のお手伝いをしてます。
メインは現行5代目カマロですが、旧型のページも多く
歴代のシボレー・カマロを完全網羅した内容で、
なかなか読み応えがあると思いますよ。
定価2000円(税込)予定と、ちょっと値は張りますが、
エーカーズ編集部が制作してるし、手伝ってる外部スタッフも
アメ車のプロフェッショナルばかりですからね。
好みは別にして、大ハズレだけはないと思います。

カマロ単一の本としては、ネコ・パブリッシングが平成9年に出版した
『ワールド・カー・ガイド26 カマロ』↓が有名です。
a0046234_13283365.jpg

↑なかなか良く出来てるし価格も1190円(税抜)と安いんですが、
これには1998年モデルまでしか出てないですからね。

うちは今回、初代から4代目までのカマロの購入時や
メンテナンスのポイントを担当してるんですが、
これが意外に大変!
サードやフォースは自分でも乗ってたから、写真もたくさんあるし、
原稿なんか、取材するまでもなく書けると思ってたんですけど…
予期せぬ落とし穴がありました。(´ヘ`;)
ページが8ページしか貰えなかったんですよ。
はっきり言って少な過ぎ!
詳しく解説しようと思うとスペースが足りないし、
逆にサラッと流すにはページが多いし、微妙な設定なんですよねぇ…

あと、ベビカマやサメカマになると、もうクラシックカーですからね。
このくらいの年式になると、完全に個体しだい。
モデルごとの弱点とか、とてもじゃないけどひと括りには出来ないし。
っていうか、ベビカマとサメカマなんて、メカニズム的には一緒だし。
さらに面倒なのがサードカマロ。
10年前には「アメ車の入門車」なんて言われてましたけど、
今ではプチエンスー車ですからね。
10〜20年落ちくらいのアメ車って、実は一番難しいんですよね。
というのも、きちんとメンテナンスされた個体と放置されてた個体が
メッチャ入り交じって販売されてるから。
値段もピンキリですからね。
なまじ見た目だけはまだキレイだったりするしなぁ…(;-_-)=3
ベビカマやサメカマくらい古くなると、良い悪いがはっきりしてて
逆に買いやすいんですけどね。物件も少ないし。
ん〜…、今日が入稿の締め切りなんだけどなぁー。
まとまらん!
参ったな、こりゃ…(T^T)

↓ブログのランキングサイトに登録してます。
クリックにご協力ください。(≧ω≦)b
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村


↓編集制作には少し行き詰まってますが、このムック、
取材協力店は豪華、というかしっかりしてますよ!
下記の3店は、私が今回取材協力を要請したお店です。
トラカマでお困りの方がいらっしゃったら、
3店の中で一番近いお店に行ってみてください(笑)

a0046234_13454745.jpg

↑エイブル(ABLE)
www.able1.jp/
神奈川県川崎市高津区向ヶ丘44-1
TEL:044-857-1836
MAIL:info@able1.jp
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日・祝祭日

a0046234_13494140.jpg

↑ウエストクラブ(WEST CLUB)
www.westclub.net
静岡県浜松市石原町579
TEL:053-427-0808 FAX:053-425-5557
MAIL:info@westclub.net
営業時間:10:00〜20:00
定休日:毎週水曜日・祝祭日

a0046234_13501536.jpg

↑ラッキーオート(LUCKY AUTO)
www.luckyauto.com
大阪府大東市御供田4-75-1
TEL:072-870-4567 FAX:072-870-5744
MAIL:lucky@luckyauto.com
営業時間:10:00〜20:00
定休日:水曜日、祝日、その他イベント開催日、年末年始等の特別な期間
[PR]
by A-power | 2010-03-17 14:03 | シボレー・カマロ

2010年型シボレーカマロ SS_試乗リポート2

現行カマロの最強モデルに試乗!!

V6と違うのは当然!?
V8+6MTの実力は?
a0046234_17434590.jpg

昨年の6月に試乗したV6モデルも悪くはなかったんですが、
個人的にはカマロに乗るならV8は絶対条件に近いんですよね。
これはスペックや性能の問題じゃなくてフィーリングの問題。
したがって、V6に乗った時「こりゃーよく出来てるなぁ〜、結構速いし」
と思ったのは嘘じゃないんですが、「じゃあ買うか?」と聞かれたら、
「自分で買おうとまでは思わないかな…」といった感じでした。
だからこそ、自分の趣味指向を再確認する意味でも、
V8搭載車に乗ってみたいという思いが強かったんですけどね。
で、今回実際に試乗してみてどうだったのか?なんですが…
a0046234_18254084.jpg

結論から言えば、良くも悪くも「期待通り」の仕上がりでしたね。
「良くも」と言うのは「カマロファンの期待を裏切らない」という意味で。
「悪くも」と言うのは、ちょっと語弊があるかな。
別に何も悪くはないんですが(笑)、「予測通り」という意味です。
エンジンや足回りなどのスペックから予測されるイメージに、
C6コルベットやV6モデルに乗った経験を重ね合わせて
「たぶんこんな感じだろう」と想定していた通りだったんですよね。

ついでなので、この「想定」の部分をもうちょっと詳しく言うと、
LS3エンジンはC6コルベットと基本的に同じですからね。
パワー&トルクが若干違うし、カマロの方がC6よりも200kg以上
重いことを差し引いても、大体のパワー感は予測できますよね。
もっと厳密に言えば、そこにさらに4thカマロ後期のZ28と
C5コルベットのLS1の時の違いをトッピングする感じですかね。
また同様に、ボディ自体は基本的にV6もV8も同じだから、
「あのボディにC6のエンジンを積んで、タイヤが20インチで…」
といった感じで理詰めで考えれば、大体の予測はつくわけです。
ま、でもそんなウンチクは別にして、今回乗った現行カマロSSは
パワフルで速くて乗りやすく、いかにも現代のカマロという感じ。
お世辞抜きに良くできたクルマだと思います。

トータル的に良く出来たクルマであるのは間違いないんですが、
部分的に見ていくと、やっぱりどうしても好き嫌いは出て来ます。
これはもう仕方ない、というか当たり前の話ですけど。
ここからはあくまでも私個人の主観に基づく意見としてお読みください。
a0046234_1991568.jpg

まず、↑上の真横の写真。
これを見るとウインドーの天地が狭いのが実によく分かります。
逆に言えばドアやフェンダーの縦幅はかなり厚いですよね。
これってGMに限らず、最近のアメ車のデザインの特徴ですが、
当然ながら運転席に座ると周囲をグルっと囲まれた感じになります。
人によっては、これを「安心感がある」と感じると思います。
また「安全性」という観点で言えば、このデザインは正解なんでしょう。
が、残念ながら私の場合はこれはマイナスポイント。
これだと左腕を窓枠にかけて運転できない!
というのはまあ冗談としても(笑)、クルマに乗り込んで
ドライビングポジションを取った時の視界が好みじゃないんですよね。
見切りが悪いというか、車両感覚がつかみ難いという意味では
先代の4thカマロも大差ないんですが、そういう意味じゃなくて、
あくまで好みの問題で。言葉だと説明し難いんですけどね。
見た目的には悪くないし、マスタングやチャレンジャーだって
似たようなもんなんですけどねぇ。
これが300CやハマーH3なら不思議と気にならないんですが…
要は慣れの問題なんでしょうね。
a0046234_2034290.jpg

↑エンジンは素晴らしいですね。
吹け上がりもいいし、トルクが太くて実に扱いやすい。
市街地を走る限りは発進から加速まで全部2速固定でOKだし、
高速道路で減速した際も、シフトダウンなしで再加速できます。
どんなにパワーがあっても扱い難いエンジンでは速くは走れないので、
この扱い易さは現行カマロSSの大きな武器だと思います。

スムーズで扱い易い割に、パワーもしっかり感じられるのもいいですね。
4.6LのマスタングGTプレミアムよりパワフルなのは当然として、
スペック的には上のチャレンジャーSRT8よりもパワフルな感じです。
ダイレクトにパワーを体感できるMTということもあると思いますが、
変な話「パワー感」という意味では、C6よりも上かもしれません。
今回試乗したエイブルのデモカーは、マフラーがボーラに変更されており、
またSEVなども装着されているので、ノーマルよりも若干パワーアップ
しているのは確かなんですが、同社の原社長いわく
「マフラーを変えてピークパワーは上がってるけど、その分
下のトルクは少し抜けてると思うよー」とのこのなので、
たぶんチューンしたからというわけでもないと思います。

今回の試乗は川崎の市街地と第三京浜。
渋滞込みで約1時間ほど走った程度だし、
借り物なので思いっきりアクセルを踏んだりもしてませんが、
その潜在パワーははっきりと感じ取ることができました。
第三京浜の合流と追い越しで2速、3速を少し引っ張った感じだと、
たぶん200km/hくらいまでは普通に加速するんじゃないですかね。
マックススピードはたぶん260km/hくらいじゃないかと思います。
もちろんただの予測ですけどね(笑)

あと、これは最近のGMのエンジンは全部そうなんですが、
すごくスムーズに吹け上がります。フリクションが少ないというか。
普通の日本人がイメージするアメリカンV8的な荒々しさは皆無ですね。
LS3のルーツとなるLS1がC5コルベットに搭載された時も驚きましたが、
滑らかさはLS1時代の比じゃないですね。
a0046234_20455945.jpg

実は今回の試乗の前に一番気になってたのは車重なんですよね。
V6に乗った時にはそれほど重い感じはしなかったんですが、
やっぱり6MTで1746kg、6ATに至っては1780kgですからね。
4thカマロのZ28が1560kg、C6のクーペが1500kgってことを考えると
これはやっぱり気になりますよね。
もっとも、実際に乗ってみると車重の重さはほとんど感じません。
ボディがしっかりしてる感は確かにあるんですが、だからといって
重いって感じは不思議としないんですよね。
一番はパワーがあるからだと思いますが、もしかしたら
車体の重量バランスが良いからかもしれません。
単純に前後重量配分とかマスの集中とかいうだけでなく、
前後左右均等に重量が配分されているとでも言うか…
バランスが良いとしか言いようがない感じなんですが(笑)、
とにかく車重はそんなに気にしなくてもいいと思います。

とはいえ、足はやっぱり少し重い気がしますね。
前後20インチホイールにF245/45、R275/40タイヤだから、
当然と言えば当然なんですが、少なくともコルベットのような
軽快感はないですね。ま、カマロは基本的にはGTカーだし、
コルベットのようなスポーツカーじゃないからいいんですけど。
ただし、その分高速道路での直進安定性は抜群です。
ちょっと変な例えになりますが、
東京〜名古屋くらいならC6の方が楽かもしれませんが、
東京〜大阪なら絶対にカマロの方が楽でしょうね(笑)。

足回りで言えば、ブレンボの4ピストンブレーキはいいですね。
今回はフルブレーキングのテストはしていませんが、
それでもブレーキの効きがいいのはよく分かりました。
冷えていても良く効いたし、パッドの質も良かったですね。
a0046234_215583.jpg

インテリアに関しては、基本的には好みの問題になるのですが、
私的にはステアリングのデザインがイマイチといった感じです。
全体的にもちょっと安っぽい気がしますが、
それでもC6コルベットよりは全然マシですね(笑)
あとどうしても気になったのがシフトノブ。
なんか野球のボールみたいでデカいし握り難い。
これに関してはC6のように握り易いものに換えてほしいですね。
a0046234_2121776.jpg

逆に凄く良かったのが、フットペダルを含む足下。
普通に運転する分には、アクセル、ブレーキ、クラッチの配置が適度で
大きめの靴でも楽に運転できます。その分ヒール&トゥなんかは厳しいけど、
トルクが太いのでサーキットでもない限りシフトダウンなんて必要ないし。
また、歴代カマロで初めて左足を置くフット…、フット何て言うんだっけ?
とにかく左足が踏ん張れるような台を設置してあるのも嬉しいポイントです。

シートは可もなく不可もなく。
4thカマロほどルーズじゃないけど、C6コルベットほどサポートもせずで、
中途半端っちゃ中途半端だけど、だからといって悪くはない感じです。
考えようによってはカマロのキャラクターに合ってるかも。
ヘッドレストのデザインは「どうなのよ?」って感じですが(笑)

あと、これは走りには全く関係ないんですが、
4thカマロに比べてトランクルームが凄く広くなってます。
開口部は狭いんですが、奥行きも幅も十分で荷物はかなり積めそう。
人によってはこれは結構ポイントが高いかもしれませんね。

ま、そんな感じです。
試乗リポートとか謳いながら、走りに関する記述が少ないのがアレですが、
でも本当に走りについて書こうと思えば、何日か長期で借りないと無理。
もっと言えば、借り物じゃなくて自分で買ったクルマじゃないと、
本当の意味でのインプレッションは書けません。
市街地で渋滞にハマったり、高速道路をロングドライブしたり、
ワインディングやサーキットで頑張って走ったりと、色々と体験して
それで初めてしっかりとした原稿がかけるってもんです。
実際にはそんなのはなかなか難しいんですけどね(笑)

■取材協力:エイブル
http://www.able1.jp


↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。(=゜ω゜)ノ
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2010-01-23 21:50 | シボレー・カマロ

2010年型シボレーカマロ SS_試乗リポート1

まずは現行カマロの基礎知識から!!

日本に正規輸入されているのは
V8もV6もオートマだけだが…
a0046234_16234768.jpg

V8モデルの試乗リポートを書く前に、
まずは現行カマロのラインナップのおさらいを少し。
今更と思う方も多いでしょうが、アメ車専門ではない普通のクルマ雑誌や
Webサイトには「えっ? 嘘だぁ〜」という記事も多いので、
私自身も再確認する意味でも少し書いてみたいと思います。
もし違ってらコメント欄で指摘してください(笑)

ボディバリエーションは、現状はまだクーペのみ。
エンジンは2種類のV8と1種類のV6の計3種類。
V6(LLT型)は3.6L(3562cc)のDOCH(ツインカム)で、
最高出力:308ps/6400rpm、最大トルク:37.7kg-m/5200rpm。
このV6を、キャデラックCTSなどに搭載されているエンジンと同じと
思っている人が多いみたいですが、キャデに搭載されているのは
3H型と呼ばれるエンジンで、実は微妙に違います。
スペックもCTSの方は最高出力:311ps/6400rpm、
最大トルク:38.1kg-m/5200rpmと、若干カマロよりも上。
ちなみにCTSとSTSでもエンジンスペックは微妙に違います。
ま、余談ですが(笑)

V8の方はAT(オートマチックトランスミッション)用のL99型が
最高出力:405ps/5900rpm、最大トルク:56.7kg-m/4300rpm。
MT(マニュアルトランスミッション)用のLS3型の方が
最高出力:426HP/5900rpm、最大トルク:420KW(57.9kg-m)/4600rpm。
ATよりもMTの方が若干パワーが上になっています。
排気量はいずれも6.2L(6153cc)で、V6と違い伝統的なOHVを踏襲してます。
ちなみに、燃料はV6がエギュラーガソリン、V8がハイオクです。
※注)LS3のスペックはアメリカで発表されている数値なのでHPを使用。

アメリカ本国でのモデルバリエーションは、全部で5種類。
下からLS、1LT、2LT、1SS、2SSとなっており、
この内LS、1LT、2LTがV6専用モデル。
1SSと2SSがV8専用モデルとなります。
車両本体価格は、一番安いLSが2万2680ドルで、
一番高い2SSが3万3745ドル。
かなり安く感じるかもしれませんが、アメリカの場合
車両本体価格は本当に本体のみの価格なので(笑)、
必要なオプションを足していくと、もっと高くなります。
ちなみに一番安いLSだと、ホイールは18インチのスチールで、
RSパッケージやボストンアコースティックサウンドシステム、
サンルーフといった人気の高いオプションも選べません。
ミッションは全モデルともスタンダードは6MTで、
6ATはオプションとなっています。

GMアジアパシフィックジャパンが正規輸入しているのは、
V6を搭載したLT RSとV8を搭載したSS RSの2種類。
歴代のカマロもそうでしたが、『日本仕様』は、
エンジンやミッション、ホイールや細かい装備などを、
GMアジアパシフィックジャパンが、本国の豊富なオプションパッケージを
日本のマーケットに会わせて、独自に組み合わせています。
↓詳細は下記のホームページで確認してください。
http://www.chevrolet.co.jp/camaro


正規輸入モデルで残念なのは、6MTが選べないこと。
まぁ日本のマーケットを考えると、仮にマニュアルを輸入しても
ほとんど売れないとは思うし、これは仕方ないんでしょうが…
でも、先代の4thカマロの時代と違って、今のご時世で
カマロを新車購入しようと思うような好き者達って、
意外にV8+6MTを好むような気もするんですけどねー(笑)
ま、とにかく、現状は6MT、あるいはLS3を搭載する歴代最強スペックの
カマロを購入するためには並行輸入するしかないということですね。

■取材協力:エイブル
http://www.able1.jp


↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。m(_ _)m
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2010-01-23 17:37 | シボレー・カマロ

シボレー・カマロ SS 6MT

2010年型シボレーカマロ SS 6MT

ようやくV8に試乗できました。
しかも425psのLS3を搭載した6MTの方!
ちょっと時間がないので、まずは軽く動画だけアップします。
詳しいインプレッションは今暫くお待ちください。


↑試乗スタート


↑徐行します。


↑市街地を走ります。


↑第三京浜を走ります。

■取材協力:エイブル
http://www.able1.jp


↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。(≧ω≦)b
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by a-power | 2010-01-22 09:11 | シボレー・カマロ

シボレーカマロのカスタムカー/4

シボレーカマロの最新情報_その4

いかにもアメリカらしい
エアロレスの完全着地仕様
a0046234_12564462.jpg

日本では最近になってようやく見かけるようになった、
2010年型のシボレーカマロですが、アメリカでは既に
エアサスで完全着地に成功した個体もチラホラ出てます。
イマドキのカスタム業界は日進月歩だし、単純にエアサスを
装着するだけなら日本でも普通にやってますけどね。
最新モデルをエアロレスで着地までさせているとなると話は別。
これはやっぱり凄いですよね。
だってまだローダウンさせるためのパーツが
そんなには市販されてないわけですから。

注)『エアサス=ローダウン』と思ってる人も多いみたいですが、
厳密に言えば違います。エアサスは本来は車高を上下動させる装置。
もちろんエアサス自体にも車高を下げる効果はありますし、
コイルオーバータイプのクルマなら、コイルサスをエアバッグに
交換するだけでも、それなりに車高を下げることはできます。
でも、このカマロみたいにフルスラムドまで下げるには、
足回りやボディにも様々な加工が必要になってきます。
a0046234_13194314.jpg

ホイールはトラッキン系の人達に人気のあるボンスピード。
タイヤサイズはF:255/35R22、R:195/30R24。
タイヤ&ホイールがいくぶん小さめに感じるかもしれないけど、
これは仕方ないですよね。
ビルダーはどうしても着地させたかったんでしょうし(笑)
ま、それでもリアは24インチですから。かなり頑張ってます。
フロントフェンダーからサイドにデカールを貼ってますが、
もっとはっきりとボディを上下ツートーンに塗り分ければ、
より低く見えたと思うんですけどね。時間が足りなかったのかな?
エンジンにはスーパーチャージャーを装着してますが、
この方向ならエンジンなんてイジらなくてもいい気がしますよね。
ま、「ショーカーだから」っちゃそれまでなんですが(笑)
a0046234_13311422.jpg

↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。<(_ _)>



↓こっちも見てみてください!
www.amesha-world.com
a0046234_13321588.jpg

[PR]
by A-power | 2009-12-11 13:37 | シボレー・カマロ

シボレーカマロのカスタムカー/3

シボレーカマロの最新情報_その3

やっぱりイーグルマスクの人気は高い?

トランザム仕様をもう1台。
その名も『TRANS AM CONCEPT(トランザム・コンセプト)』!
いや、ベタベタなネーミングですなー(笑)
Kevin Morgan Designsってとこがプロデュースして、
OTTO BODY-CUSTOMってとこが制作した車両みたいですね。
a0046234_15512336.jpg

GMのブースの裏の方、目立たない位置に展示してあったので、
日本から行った人は残念ながら見逃した人が多かったみたいです。
LUXXには出しましたが、他の雑誌にはほとんど出てなかったし。
でも、アメリカでは結構話題になってるみたいですよ。
a0046234_15573165.jpg

先に紹介した71トランザム仕様ほどは凝ってないですが、
これもなかなかよく出来てます。
日本の場合、セカンドジェネレーションのファイヤーバードは、
最終モデル付近の人気が高いので、こっちの方がウケるかな?

これまたホイールがイイ感じにハマってます。
オリジナルの『GOLD SNOWFLAKE WHEEL』は、
確か15×7Jくらいのサイズだったと思いますが、
コイツが履いているのは、フロントが20x9.5J、リアが20x11.5J。
タイヤはピレリーで、サイズはF:275/45ZR20、R:305/35ZR20。
タイヤ&ホイールと、1〜1.5インチほどロワードした
足回りとのバランスがちょうど良い感じですねー。
ちなにみ、ただ車高を下げてるだけじゃなく、
前後のスウェイバーも強化品に交換してるみたいです。
あと、やっぱり目につくのがボンネットフードと
シェイカー・スクープ、そしてファイヤーバードのデカール。
リアスポイラーも往年のデザインを忠実に再現してますし、
んー、改めて見ると、現地で見た時より良く見えますねー(笑)。

インテリアに関しては、ドアパネル、ダッシュインサート、
シートの刺繍にエンブレム、バッジとか、ま、小技系ですね。
パフォーマンスのアップグレードに関しては、
「Coming Soon」だそうです(笑)

↓下の6点の写真に関しては、ネットで拾いました。
a0046234_16123631.jpg


↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。<(_ _)>



↓こっちも見てみてください!
www.amesha-world.com
a0046234_1614556.jpg

[PR]
by A-power | 2009-12-08 16:18 | シボレー・カマロ

シボレーカマロのカスタムカー/2

シボレーカマロの最新情報_その2

ポンティアック顔が早くも登場!
ファイヤーバード仕様、イケてますね

GMの現状を考えれば、ファイヤーバードの復活は結構難しそう。
だったらもう自分たちで作っちゃえ!ってことなんでしょうね。
今年のセマショーにはトランザム(ファイヤーバード)仕様の
カマロが2台も出展されてました。で、これがよく出来てる!
a0046234_18113635.jpg

↑これはNITTOのブースに展示されていた車両です。
『2010 Lingenfelter Camaro LTA』って出てましたね。
もちろん中身は現行カマロですが、見ての通り1971年型の
ポンティアック・トランザム仕様にカスタムされてます。
これ、マジよく出来てるでしょ?
最大のポイントはフロントマスクですが、
ボンネットとたぶんフロントフェンダーも交換されてます。
あと、テールの造形もかなりイイ感じだし、
ホイールもグッドルッキングです。このホイール、
『Custom honeycomb wheels 』って記載されてましたね。
NITTOのタイヤサイズが、F:275/40ZR20、R315/35ZR20
だったとこを見ると、ホイールはF:10J、R:11Jくらいかな。
内装もクラシックな感じにリメイクされてます。
a0046234_18213613.jpg

アルミブロックを採用したエンジンは、455 cubic inchで
655 hp / 610 lb-ft tqを発揮するそうです。
455ってのが泣かせますね(笑)
ステンレス製のエキゾーストはCorsa。
パワーアップに合わせて、ミッションやクラッチ、フライホイール、
ドライブシャフトなんかもきちんと交換されてるみたいだし、
非常にクオリティの高いアメリカらしいカスタムカーです。
ま、普通のユーザーはエクステリアのみで十分ですけどね。
日本でカマロがそれなりに売れるようなら、
どこかのショップが輸入するかもしれませんね(笑)

↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。<(_ _)>

[PR]
by A-power | 2009-12-07 18:44 | シボレー・カマロ

シボレーカマロのカスタムカー

シボレーカマロの最新情報_その1

ようやく日本でも販売がはじまった現行カマロは
カスタム素材としてかなり面白そうですよ!

週末の○スポ以外、普通の新聞は滅多に読まない筆者ですが、
先日奥さんが定期購読してる○○新聞を手に取ってみたら、
現行カマロの広告が1ページ使って大きく出てました。
広告主はGMアジアパシフィックジャパンだったかな。
最近はあんまり普通の記事を書く機会がなかったので、
「え?、やっと正規輸入始まった?」と、ちょっとビックリ。
並行車はもう日本にも結構入ってたし、何台か取材もしてたから、
「まだ入ってなかったんだっけ?」といった感じ(笑)。
ま、それはともかく、ここでは今年のSEMA SHOWで
とくに目についたカマロを紹介します。
a0046234_1793266.jpg

アメリカでは既にカマロのアフターパーツが数多く市販されてます。
というか、今年のSEMA SHOWの会場はカマロだらけでしたしね(笑)
現行カマロはノーマルのデザインも決して悪くないんですけどね。
カスタムするともっと良くなるんですよねー。
写真のカマロは今年のSEMAでも目立った1台です。
マットブルー&オレンジのピンストライプが存在感抜群。
ホイールはブラックのtisでフロントが24、リアが26インチ。
タイヤサイズはF:275/25ZR24、R:295/25ZR26。
エンジンにはプロチャージャーの過給器がセットさてます。
エンジンをパワーアップしてる割にはタイヤ&ホイールで
バネ下を重くしていたりと、イマイチ方向性が見えないとこは
いかにも「ショーカーorデモカー」って感じですけど(笑)、
まーでも、カッコいいのは間違いありません。
a0046234_17423542.jpg

もうなんか時間がなくて原稿が間に合ってないんですが、
とりあえず今年のセマショーに出展されてたカマロは、
ほぼ全台サイトの方にアップしてあるので、
興味のある人は↓『アメ車ワールド』でチェックしてみてください。
a0046234_17364331.jpg

www.amesha-world.com

↓ランキングに参加しています。
クリックにご協力ください。<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-12-07 17:08 | シボレー・カマロ

先代カマロの特集

『アメ車ワールド』ので、先代カマロを5台ほど紹介してます。
www.amesha-world.com

a0046234_17115646.jpg

以前取材した記事を再収録したんですが、新たにコメントを追記してます。
そんなに昔の話じゃないはずだけど、なんか凄く懐かしいんですよねー。
こうやって改めて見ていると、またカマロに乗りたいなーとか思いますね。
ま、他にも様々なアメ車を紹介してますから、ぜひ見てみてください!
a0046234_17141940.jpg

↑浜松のウエストクラブのデモカーですね。
ウイングスウエストのエアロキット、ウイング、カーボンフード、
強化ダウンコイルなどでセンスよくドレスアップされてます。
4thカマロで定番のエアロ&ローダウンというスタイルを
日本に広めたのは、実はこのウエストクラブって知ってました?
a0046234_17143666.jpg

↑アドバンスオートが制作した珍しい3.4リッターV6のチューンドです。
このクルマのオーナーさんはよく知ってるんですが、
抜群に運転が上手いんですよ。以前一緒にソロレーシング(ジムカーナ)
に出場した時、私はシャシーで370馬力を計測したZ28に乗ってたのに、
半分くらいしか馬力のないこのV6SCに余裕で負けましたからねぇ(笑)
a0046234_17144767.jpg

↑これもアドバンスオート。LT1ベースとしては最強クラスですね。
このカマロのオーナーさんもよく知ってる方です。
私の知ってる限り、LT1を搭載した初期型のZ28に対して
日本で一番お金をかけた人なんじゃないかな?(笑)
a0046234_17145792.jpg

↑最近はホイールで有名になったアイロックが制作してます。
NASCARドライバーの古賀琢麻氏がプロデュースしたカマロですね。
a0046234_1715595.jpg

↑大阪のラッキーオートが制作したオーナーカーですね。
エアロは同社オリジナルのスナイパーレーシングです。
ラッキーオートは自社主催のジムカーナを何年も継続してます。
こういうショップさんは貴重ですね。

この5台のクルマに関して詳しく知りたい人は
アメ車ワールドの方をご覧ください。

↓ランキングサイトに参加してます。
クリックにご協力ください。m(_ _)m
にほんブログ村 車ブログ アメ車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-12-04 17:20 | シボレー・カマロ