カテゴリ:アルファロメオ( 6 )

アルファロメオ145_その6

アルファロメオ145の修理_3回目
【アイドルバルブの交換】
a0046234_13525458.jpg

リレーを交換してしばらくはまた普通に走っていた。
が、それからほどなく。2週間後くらいだったかな。
また前回と似たような症状が出てきたのである。
つまりまたエンジンストールしはじめたのだ。
「えぇ〜…またかよぉー」とうい感じ。
ただ、今度は前回とは微妙に症状が違う気もする。
よくよく注意しながら走ってみると、エンジンオフ→ブレーキで減速する際に、
エンジンの回転数が一定以下に落ちるとエンストするようなのだ。
「何にしても、早いとこお店に持って行こう」
と思っていたのだが、時既に遅し。
「今日の仕事が終わったら持って行こう」と思った日の午後、
仕事で渋谷に打ち合わせに行った際に、コインパーキングに入れたのだが、
いざ帰ろうと思ったらエンジンがかからないのである。正確に言えば、
一瞬エンジンはかかるのだが、アクセルから足を離すとエンストしてしまう。
前回教えてもらったリレーを入れ替えても状況は変わらない。さて…
「さすがに積載車呼ぶしかないか? でも俺JAF入ってねぇし、
任意保険のサービスだと距離が長過ぎる。金ないし。 どうする俺?」
とまあアレコレ考えていたのだが…、渋谷はコインパもやたら高いし。
暫く思案していたら、フッと閃いたのである。
「エンジン回転数が落ちるとエンストする。ということは、逆に言えば、
回転数を下げなければエンストしないってこと。上手くやりゃ走れるじゃん!」と。
しかしまあ言うのは簡単だけど、これが実際に実行するとなると大変!
左足ブレーキと、一昔前のVIPカー乗りみたいなニュートラル空ぶかし作戦で
まあ何とかお店に辿りついたのだが、疲れた疲れた…
安全のことを考えても、やっぱり素直に積載車を呼ぶべきだった。
a0046234_13532854.jpg

今回の原因は『アイドルバルブ』。
コイツがダメになったことが原因で、アイドリングを維持できなかったわけだ。
さっそく部品を注文してもらったのだが、これが「えーっ…」ってほど高い!
しかもアイドルバルブと一緒に注文したパッキンも高い。
このパッキン、紙製のくせになんで何千円もするんだ?
アメ車にも紙製のパッキンは未だに存在するけど、その3倍は高いぞ!
アルファとかフィアットってヨーロッパの小型車が、
「車両本体価格が安い割に、パーツは意外なほど高い」
という事実を知ったのはこの時。
この時は「うーん、イタ車恐るべし」と思ったのだが、
実はこんなのは序の口だったのである…
a0046234_13534928.jpg

ちなみに、このアイドルバルブを注文する際には、
一緒に上記の紙パッキンを注文するのを忘れないこと。
それぞれ別に注文する必要があるらしいから。
この辺も「なんで?」という感じだが、ま、それはいいか。
あと、前回のリレーのトラブルも、「もしかしたら、アイドルバルブの
不調が原因でリレーに負担がかかったいたのかもしれませんね」
とのメカニックさんの見解でした。

■問い合わせ先:ガレージ代久
http://g-daikyu.com


↓クリックお願いします〜
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-22 13:58 | アルファロメオ

アルファロメオ145_その5

アルファロメオ145の修理_1回目と2回目
【クラッチレリーズシリンダーとリレーの交換】

145に乗り始めて1ヶ月くらい経った頃、まず不調が出たのはクラッチだった。
最初は「あれ?なんか気持ちシフトが入り難いなぁ」という程度だったが、
その内に普通にシフトしたのでは、1速と2速に入らなくなった。
「こりゃマズいなー」と思ってはいたものの、仕事が忙しかったこともあり、
アクセルのオンオフと空吹かしで回転数を合わせながらシフトチェンジしたり、
まあ何とか誤摩化しながら走っていたのだが、その内に時々クラッチペダルが
踏んだまま上に戻らなくなるようになってきたのだ。
「こりゃもうお店に持って行くしかない」と思ったのだが、
そんな時に限ってお店から遠いとこにいるし……
で、どうしたか? 仕方ないので、いわゆるダブルクラッチと
クラッチレス走法を併用するような運転で何とかお店にたどり着きました。
いや、もう冷や汗もの。今考えると任意保険のサービスとか利用して、
積載車を呼べば良かったんだけど、その時には思いつかなかったんだよなぁ…

お店に持っていって見てもらったとこ(というか、先に電話した時点で
「たぶんクラッチレーリーズだと思いますよ〜」と言われていたのだが)、
クラッチレリーズシリンダーがダメになっていたことが判明。
部品を注文して交換して無事直りました。
パーツ代と工賃合わせても1万円はかからなかったと思う。

で、次。
a0046234_158713.jpg

その後はまた1ヶ月くらいは快調に走っていたのだが、
再び不調が…
今度はたまにエンジンストールし始めたのである。
最初の頃は「あれ?俺エンストしちゃった?、ダセぇ〜」くらいな感じだった。
が、しだいに走行中に度々エンジンが落ちてしまう事態に発展。
そしてその内エンジンのかかりも悪くなってきた。
「こりゃあ絶対おかしい。酷い目に遭う前に今度は早いとこお店に持って行こう」
と再びガレージ代久に持ち込んだら、原因はすぐに判明した。
『燃料ポンプリレー』と『メインリレー』がダメになっていたのである。
a0046234_1583775.jpg

アルファロメオ145の場合、バッテリーの周囲に、
前期型で4個、後期型で2個のリレーが存在するのだが、
このリレーがまたよくダメになるようなのだ。
エンジンがかからないとか、一瞬かかってもすぐに落ちるとか、
「電気系かな?」といった感じの症状が出たら、
このリレーが原因となっている可能性が高いそうだ。

ちなみにこのリレー。4個とも同じパーツなので、どれか1つがダメになっても、
リレーを色々と入れ替えて装着することで、その場しのぎの対応が可能。
つまり、走る上で一番重要な燃料ポンプリレーがダメになって、
エンジンがかからない状態になったとしたら、とりあえずリレーを組み替えてみて
上手くエンジンが始動したらそのままお店に持って行く、といったことができる。
これは知っておくと緊急時に役に立つかもよ?


■問い合わせ先:ガレージ代久
http://g-daikyu.com


↓クリックお願いします〜
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-22 02:02 | アルファロメオ

アルファロメオ145_その4

アルファロメオ145のメンテナンス
【ワイパーとタイミングベルト&バランサーベルト】

ちょっと話が前後するのだが、この145は点検&整備済みの状態で納車してもらった。
そもそもお店が仕入れてきた時点でとくに問題はなかったクルマなのだが、
バッテリー、プラグ、プラグコード、クーラント、ブレーキ関係、タイヤ、
ヒューズ、クラッチ、エアクリーナー、エキゾースト、ライト類など、
私が何も言わなくても、走行に影響が出るポイントは一通りチェックしてくれた。
その上で、エンジンオイル&フィルターとミッションオイル、
それとワイワーとベルト×2本を交換してもらった。
a0046234_1521550.jpg

ちなみにワイパーブレードは、前期型は専用品で国産の汎用品が使えない。
しかも意外なほど価格が高い。これはちょっと納得いかないポイントだった。
後期型になると国産の汎用品が使えるように変更されてるらしいんだけど。
ま、サービスで換えてくれたんだからいいんだけど(笑)

あと、重要なのはベルト。
日本に正規輸入されていた2リッター直4DOHCの・ツインスパークエンジンは、
タイミングベルトとバランサーベルトという2本のベルトが装備されているが、
このベルトは他のクルマの感覚からすると、かなり寿命が短いらしい。
ガレージ代久のメカニックさんのお話では
「距離で言えば4〜5万km、時間で言えば車検ごとには交換した方がいい」
とのこと。
私の買った145は、既に1度はベルト交換をしていたようなのだが、
「念のため」ということで、交換してくれた。ベルトテンショナーは調整のみ。
「これでしばらく乗ってみて、何か問題が出たらすぐに持ってきてください」
とは言われたけど、乗っていてとくに不具合は感じられなかったし、
「次の車検まではオイル交換だけでOKだなぁ」と気楽に考えていたのだが…
やっぱりイタ車は甘くなかったのである(笑)


■問い合わせ先:ガレージ代久
http://g-daikyu.com


↓クリックお願いします〜
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-22 01:55 | アルファロメオ

アルファロメオ145_その3

DIYでルーフ&ボンネットをペイントしてみるか…

2008年の8月。
145を購入して3か月くらい経った時、懸案だった塗装を補修してみる気になった。
だいぶ前のことだし、何がきっかけだったかはっきりと思い出せないのだが、
雑誌の打ち合わせで渋谷に出かけた際に、ロフトの文具売り場で色々と買い込み、
さらにその翌日に自宅の近所のホームセンターでまた色々とアイテムを買い込んだ。
なんやかんやで1万円以上かかってしまった。
a0046234_11482334.jpg

↑かなり色々と買ってしまったが、結果的にこれは全部は必要なかった(笑)
1『ダメになったクリアー部分を完全に取り除く』
2『ペイントするために塗装の表面を整える』
という目的の作業に使ったのは、
・『マスキングテープ』
・『古新聞』
・『油性用刷毛』
・『プラスチック製ヘラ』
・『強力・塗料剥離剤』
・『強力・塗料はがし液』
・『コゲ落とし用金属+スポンジ』
・『ウィットサンダー』
玄人ぶって偉そうなことを書いていても、アレもコレもという感じで
余分なものまで買い集めるのは、いかにも素人的なミスではある(笑)
a0046234_11491963.jpg

↑とりあえずマスキングする。
今回は強力な剥離剤を使用したので、かなりしっかりとマスキングした。
a0046234_11503064.jpg

↑マスキングする際に英字新聞を使うと、ちょっとだけ賢そうに見えるので、
自宅で作業する場合には、ご近所さんの目を考えるとオススメかも(笑)。
a0046234_1151543.jpg

↑剥離剤を刷毛で塗り、剥離剤が浸透するのを待ち、一定時間が経ったらヘラでこそぐ。
ヘラをボディに強く当てすぎると、クリアーだけでなく下地まで剥げるので注意。
a0046234_11513388.jpg

↑一通りクリアーを剥ぎ終わったら固めのスポンジを使って水で洗い流す。
剥離剤は乾くと半分固形化した接着剤のようになるので、
結構力を入れて擦らないと、なかなかキレイにならない。
a0046234_1152128.jpg

↑ウィットサンダー(耐水性サンドペーパーを装着した当て板みたいなもの)で
塗装表面を整える。ペーパーを強く当て過ぎて下地まで出してしまうと、
後でサフェーサー(プラサフ)などで段差を整える作業が必要になるので注意。
ま、私は失敗しちゃったんだけど(笑)
写真でネズミ色になってる部分は削り過ぎた部分。
ウィットサンダーの場合は『細目』、普通の耐水ペーパーなら1500番くらいの
目の細いタイプを使った方がいいみたい。
a0046234_11524874.jpg

段差などがある部分は、粘度が十分にあって垂れにくいジェル状の塗料はがし液を
表面に塗ってクリアー部分を剥ぐのがオススメ。
内容的にはペーパーがけの前のメニューだけど、俺は作業の順番を間違った(笑)

ま、そんなこんなで休日の半日を費やして何とかルーフのクリアーだけは処理できた。
この時点では
「ペイントはまた今度。時間を見つけてペイントしよう」
「つや消しブラックもいいし、ホワイトのプラサフだけ吹くのも面白いかなぁ」
「上手くいったら次はボンネットやろうかな」
とか思っていたのだが……


↓クリックしてねー!
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-12 08:00 | アルファロメオ

アルファロメオ145_その2

さて、145のハゲハゲの塗装をどうしたものか?

自動車専門誌の編集をはじてめて以降、私は中古車購入で失敗したことはない。
というのも、「クルマは走ってこそナンボ。中古車購入で重要なのは機関の状態。
外装や内装は二の次三の次。見た目を気にしていては掘り出し物は見つからない!」
という鉄則を常に頭に入れてクルマを購入してきたから。

したがって、最初にこの145を見たときも、塗装や内装のヤレは気にならなかった。
ただ、「機会があればDIYで塗ってみても面白いかも」くらいに思っていた。
「新たに雑誌を立ち上げてデモカー扱いにして、タイアップでキレイにして…」
なんてことも一昔前なら可能だったんだけどねぇ〜(笑)
a0046234_19424774.jpg

↑納車時にガレージ代久の村上氏が時間をかけて磨いてくれたおかげで、
ボディサイドやリアはかなりキレイになった。
とはいえ、紫外線や雨風の影響をとくに強く受けるルーフとボンネットは
こりゃあもうどうしようもない、という感じだった。
a0046234_1943219.jpg

↑クリアーの剥げ方が、夏の海で思いっきり日焼けした後の皮膚みたいだったので、
試しにガムテープを当ててみると、これが見事に剥げていくし(笑)
調子に乗ってドンドン剥いでいったら余計ヒドい状態になってしまった。
「んん〜…、さすがにちょっとみっともないかも?」とは思いつつも、
3か月くらいはそのままの状態で乗っていた。

■ガレージ代久
http://www.g-daikyu.com

↓クリックしてねー!
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-11 19:45 | アルファロメオ

アルファロメオ 145_その1

1996年型アルファロメオ 145 クアドリファリオ
a0046234_21533231.jpg

C3コルベットの後に手に入れたのがこの145。
購入?したのは2008年の4月。
C3がエンジンブローしてしばらくは嫁さんのカマロを使っていたのだが、
何時までも嫁のクルマを借りているわけにもいかず(嫌がってたし…)、
「どうしたもんか?」と困っている時に手を差し伸べてくれたのが、
このブログにもチョコチョコと登場するガレージ代久の社長だった。
いわく「壊れたC3引き取ってあげるよ。代わりにこの145に乗りなよ」と。
渡りに船とばかりに、この申し出をありがたくお受けしたのである。

C3のエンジンは完全に死んでいたので、本気で乗り続けるなら
エンジンを積み替えるしかない状況だった。
また、エンジン以外にもブレーキなどいくつか気になるとこもあったし。
C3を本気で直すなら80〜100万円は覚悟しなければ、という状態。
もちろん金はない。借金もちょっと事情があってできなかったし、さて…
と、そんな苦しい状況にあったわけだから、
「動けば何でもいいや」くらいに思っていたにもかかわらず、
アルファロメオだもん。145だし。そりゃ受けますわな。
速攻で飛びつきましたよ(笑)
a0046234_22125199.jpg

外装はお世辞にもキレイとは言えなかった。
大きな傷や凹みこそないものの、ルーフやボンネットなど塗装が壊滅状態。
クリアーがハゲハゲで、なんか日焼けして皮が剥けてるみたいな感じ。
イタ車って塗装がイマイチらしいけど、とくにアルファの赤はダメみたい。
ま、タダみたいなクルマだし、側なんてどうでもよかったんだけどね。
中古車選びで重要なのは、見た目じゃなく中身(走り)だからね。
a0046234_2155439.jpg

内装に関しては、ドアの内張りとか天井とか、古いイタ車の
お約束のポイントはヤレヤレだったけど、シートは全席しっかりしてた。
ちょっと気になったのはシートポジション。
カマロとかコルベットとか、足を投げ出すポジションに慣れていたので、
椅子に腰かけるような座り方と、ペダル位置には少々違和感を感じた。
ま、これもすぐに慣れたけど。

この145、見た目はボロかったけど、機関は概ね良好だった。
とくにエンジンが絶好調であることは最初の試乗ですぐに分かった。
いかにもツインカムの小排気量エンジンって感じ。
大してパワーはないんだけど、実に気持ちよく吹け上がる。
また回転数を上げていくと音が実にいい。
マフラーはノーマルのままだったんだけどねー。
「これがアルファ・サウンドってやつかー」とちょっと感動した。
ミッションはちょっとクセがある感じだけど、これもすぐに慣れた。
ただ、ダンパーがヘタってるみたいで、段差を乗り越える時などは
ちょっと怖い感じがした。首都高なんかを少し飛ばしていると、
コーナーの段差で横に飛ばされる感じ?でかなり怖かった。
ま、でも気になったのはこれだけ。

「いやー、いいクルマ手に入れたなぁー車検もタップリあるし、
走行距離はまだ5万kmちょいだし、こりゃ長く乗らないとなぁ〜」
と思っていたのだが……、やっぱりイタ車は甘くなかった(笑)
ま、その辺はおいおいに。
a0046234_2235580.jpg

■ガレージ代久
http://www.g-daikyu.com


↓できればワンクリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
[PR]
by A-power | 2009-05-07 22:08 | アルファロメオ